So-net無料ブログ作成
水辺の鳥 ブログトップ
前の10件 | -

今朝の記録ーヒクイナ、シメ、カシラダカ(NO1493) [水辺の鳥]

2018年2月16日

今冬の厳しい寒さもようやく峠を越したのか、沼べりに春の兆しを感じます。

倒れたアシの隙間の水面に差し込む朝陽が反射して光っている。

今朝のヒクイナ、沼の東端でもその姿を確認する。今季その出現が多い。

岸べりの疎林にシメ、開けた耕地の田にはカシラダカでした。


DSCN9254 (640x500).jpg


DSCN9259 (640x499).jpg


DSCN9299 (640x479) (2).jpg


DSCN9243 (640x496).jpg


DSCN9344 (640x479).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒクイナ、ホオアカ、シロハラ(NO1491) [水辺の鳥]

2018年2月14日

陽ざしに暖かさを感じるものの、日影はかなりきつい沼べりです。

今朝のヒクイナ、まずは日影に霜で真っ白になった湿地に、そして日当たりの

良い南向きの湿地のヒクイナです。いずれのヒクイナも活発に動き回っていた。

アシハラ際の草地にはホオアカの小さな群れ、地上で採餌しては傍らのアシに

取り付いて様子見する。

林では、ルリビタキの声の中にシロハラが姿を見せました。


DSCN8534 (640x489).jpg


DSCN8555 (640x480).jpg


DSCN8557 (640x480).jpg


DSCN8783 (640x474).jpg


DSCN8809 (640x480).jpg


DSCN8839 (640x483).jpg


DSCN8856 (640x504).jpg


DSCN8697 (640x479).jpg


DSCN8741 (640x492).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒクイナ&クイナ、ホオアカ、ノスリ、沼べり(NO1488) [水辺の鳥]

2018年2月10日

カスミがかかった沼べり、ぼんやりとした朝陽が注いでいた。

明け方少しだけ凍った岸べりは、すぐに溶けた。心持ぬるんだような

気がする湿地に、今朝もヒクイナそしてクイナがそろって姿を見せた。

草地の葉陰にはホオアカの元気な姿、北へ帰るのはまだ先のようです。

岸辺の疎林にノスリが目を光らせていた。


今朝の沼べり
DSCN8018 (640x482).jpg


DSCN7631 (640x478).jpg


DSCN7733 (640x495).jpg


DSCN7786 (640x506).jpg


DSCN7791 (640x479).jpg


DSCN7921 (640x479).jpg


DSCN7932 (640x479).jpg


DSCN7894 (640x480).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ークイナ、チュウヒ、ルリビタキ♂(NO1487) [水辺の鳥]

2018年2月9日

厳しい寒波も一段落、風もなく穏やかな沼べりです。ぬるみだした岸辺りに、

2羽のクイナが鉢合わせ、左右に飛び上がる。

今冬はクイナ類の出現が多く感じられます。

アシハラに向かうと、すれすれに飛ぶチュウヒの姿です。アシハラの向こう

湖面にはカモの姿はなく静かな佇まいでした。

林の中のルリビタキ、今朝も健在でした。


DSCN7307 (640x480).jpg


DSCN7327 (640x480).jpg


DSCN7335 (640x486).jpg


DSCN7391 (640x508).jpg


DSCN7555 (640x475).jpg


DSCN7542 (640x491).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒクイナ&クイナ、ルリビタキ、アトリ、チョウゲンボウ(NO1459) [水辺の鳥]

2017年12月25日

夜半の雨も上がり晴天の朝を迎える。やや強い西風だが、冷たさは感じない。

東向きの陽だまりのアシの中、ヒクイナそしてクイナが朝日を浴びている。

波立つ湖面、アシハラには鳥影はなく、聞こえるのは風の音ばかりです。

林に向かうと、日影にルリビタキ、高枝にはアトリが止まり、時折風が吹きぬける。

帰り道の開けた耕地際の電線に、チョウゲンボウがにらみを利かす。


DSCN8230 (640x488).jpg


DSCN8250 (640x479).jpg


DSCN8272 (640x490).jpg


DSCN8277 (640x489).jpg


DSCN8302 (640x480).jpg


DSCN8432 (640x518).jpg


DSCN8401 (640x510).jpg


DSCN8411 (640x480).jpg


DSCN8447 (640x478).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒクイナ、センダイムシクイ(NO1399) [水辺の鳥]

2017年9月9日

夜明け直後は深い霧に包まれていた沼べりです。日が昇るにつれて霧が晴れ、

強い日差しが射すようになりました。

まだ霧が残るアシハラの湿地に、黒いシルエット、双眼鏡で覗くとまだ黒い羽根が

見られるヒクイナの若鳥でした。頭頂にも少しだけ黒味が残っていた。

幸いこれまで天敵にも会わず健在のようです。

林に着くころには陽ざしも戻り、木漏れ日の中を行くと、カラの混群に出会う。

期待の鳥には出会わなかったものの、すばしこく枝から枝へ飛び移るセンダイ

ムシクイをとらえることができました。


DSCN6559 (640x424).jpg


DSCN6539 (640x476).jpg


DSCN6542 (640x485).jpg


DSCN6576 (640x494).jpg


DSCN6582 (640x507).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ータマシギその2(NO1391) [水辺の鳥]

2017年8月26日

昨日とは打って変わって涼しい東風が吹く沼べりです。

遊歩道を下流方へ向かう。開けた田んぼにはあいにくの濃い霧が

立ち込めていた。

暫くするとようやく霧が晴れてきた。2組のタマシギのつがいは健在で、

仲良く採餌に夢中、嘴を左右に振りながら盛んに何かをついばんでいた。


DSCN5719 (481x640).jpg


DSCN5741 (640x487).jpg


DSCN5756 (640x479).jpg


DSCN5766 (640x452).jpg


DSCN5820 (640x526).jpg


DSCN5833 (2) (640x477).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ータマシギ今季初認、ホシゴイ(NO1390) [水辺の鳥]

2017年8月25日

昨日に続いて厳しい暑さが戻った沼べりです。沼を渡る風も弱く、強い

陽ざしが皮膚をひりひりさせるほどです。

沼東端に広がる稲田に数人の人影が、その視線の先に2羽のシギの姿。

タマシギのつがいです。刈り入れが終わったばかりの畔の際に、仲良く並んで

採餌に夢中です。時々あたりの様子見で頭をもたげていた。

帰り道、沼岸の木杭にとまるゴイサギの幼鳥ホシゴイ2羽、朝の採餌を終えたのか

のんびりと羽繕いを始めました。


タマシギ(右:♀、左:♂)
DSCN5651 (3) (640x479).jpg


DSCN5657 (640x473).jpg


DSCN5648 (640x481).jpg


DSCN5673 (640x479).jpg


DSCN5589 (640x482).jpg


DSCN5609 (640x515).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒクイナの幼鳥、キビタキ幼鳥(NO1389) [水辺の鳥]

2017年8月21日

この春、黒い雛を連れたヒクイナの親子を確認したが、同じポイントの

アシの隙間に幼鳥と思われるヒクイナを確認する。足の色は赤味を帯び、

黒い嘴の先っぽも少しだけ色づいているように見えました。この春の雛が

無事育っていたのかもしれません。

久しぶりに林の中でカラの混群に出会うことができた。エナガ、ヤマガラ、

シジュウカラ、コゲラに続いて現れた小鳥、よく見るとキビタキの幼鳥らしい。

DSCN5428 (640x509).jpg


DSCN5432 (640x480).jpg


DSCN5435 (640x471).jpg


DSCN5449 (640x529).jpg


DSCN5452 (640x495) (2).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒクイナ、アオサギの採餌、ミンミンゼミ(NO1387) [水辺の鳥]

2017年8月16日

雨の切れ間を見計らって沼べりへ向かうと、湿地際の草むらにキョ、キョ、キョ

とヒクイナの声がする。いつもは草陰に身を隠していますが、今朝は運よくその

所在を教えてくれました。

しばらく声のする方を見ていると、ようやく背の低い草地へ姿を現してくれました。

それもつかの間、直ぐ足早に草むらへ。

水路際のアシの影に、アオサギが水面を凝視している。しばらくそのまま固まって

いたが、突然首を伸ばして水中へ嘴を突いた。見事大きなフナを捕らえました。

突然の雨に桜の木の下へ避難すると、頭上にセミが止まる。ミンミンゼミの声が

余りに近すぎて鼓膜に響いてきた。


DSCN5307 (640x495).jpg


DSCN5296 (640x487).jpg


DSCN5317 (640x459).jpg


DSCN5321 (640x477).jpg


DSCN5328 (640x494).jpg


DSCN5343 (459x640).jpg
nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 水辺の鳥 ブログトップ