So-net無料ブログ作成
検索選択
水辺の鳥 ブログトップ
前の10件 | -

今朝の記録ーヒクイナ&クイナ、コチドリ、オオジュリン、ホオアカ (NO1325) [水辺の鳥]

2017年4月5日

遊歩道の桜の花、シダレヤナギの新緑そして光る湖面がまぶしい。

いよいよ春本番を迎えた沼べりです。

ヒクイナの声が数か所で聞こえる。クイナもアシハラの水際で採餌中。

水の張った田にはコチドリが、オオジュリンの顔の黒味もはっきりとし、

アシハラには残り少ないホオアカが。 夏鳥の渡来が待ち遠しい今朝の

手賀沼の遊歩道でした。


DSCN1484 (700x524).jpg


DSCN1504 (3) (700x546).jpg


DSCN1667 (700x531).jpg


DSCN1538 (700x539).jpg


DSCN1550 (700x532).jpg


DSCN1622 (700x544).jpg


DSCN1514 (700x519).jpg


DSCN1523 (700x538).jpg


DSCN1576 (700x525).jpg


DSCN1586 (700x538).jpg

今朝の記録ー咲いたシダレザクラとウグイス、ヒクイナ&クイナ、ベニマシコ、ルリビタキ、オオタカ(NO1315) [水辺の鳥]

2017年3月22日

明け方の強い西風も弱まり比較的穏やかな沼べり、

ようやく咲いた沼べりのシダレザクラ、ウグイスも本来の声を響かせていた。

アシの新芽もちらほら、ヒクイナとクイナが湿地で朝の採餌にせわしく動く。

ほころんだヤナギの新芽をほおばるベニマシコ、このところアシハラでよく

見かけます。

そろそろサシバを期待して林に向かうと、まだルリビタキがしぶとく残っていた。

いつものスギの大木のこずえにはオオタカの姿です。残念ながら期待の鳥は

出現しなかった。


DSCN8332 (700x510).jpg


DSCN8343 (700x506).jpg


DSCN8317 (700x523).jpg


DSCN8270 (700x525).jpg


DSCN8441 (700x525).jpg


DSCN8458 (700x549).jpg


DSCN8697 (2) (700x565).jpg


DSCN8722 (700x536).jpg


DSCN8553 (700x564).jpg


DSCN8573 (2) (700x513).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、クイナ、ベニマシコ♀、シメ(NO1312) [水辺の鳥]

2017年3月18日

今朝もヒクイナとクイナに出会う。まだアシの新芽が出たばかりなのでその

隙間に姿を見せてくれます。この週末は好天に恵まれ桜の蕾も膨らみそうです。

沼べりのアワダチソウをついばむのはベニマシコ♀です。林の中にはシメの姿。

渡り鳥たち、間もなく夏鳥に入れ替わる頃。斜面林の上空遠くにタカ類らしき

飛翔を見る。細身のシルエットなのでサシバのように見えましたが、あまりにも

遠すぎました。


DSCN7192 (700x524).jpg


DSCN7195 (700x524).jpg


DSCN7232 (700x524).jpg


DSCN7309 (700x525).jpg


DSCN7329 (700x525).jpg


DSCN7365 (700x549).jpg


DSCN7381 (700x541).jpg


DSCN7438 (700x555).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、クイナ、ルリビタキ、ウソ、カシラダカ、オオタカ(NO1310) [水辺の鳥]

2017年3月16日

ぬるみ始めた湿地のクイナ類、動きがやや活発になってきたようだ。

今朝はヒクイナとクイナを確認する。両方とも同じような採餌行動をしています。

クイナに比べてヒクイナの個体数はかなり少なく、その出現も限られます。

湖面のカモ類はほとんど北へ渡去したらしく、ヒドリガモ、コガモが少数だけ残る。

一週間ぶりに林へ、しぶとく残っていたのはルリビタキ♂、ウソ♀でした。

林縁の草地にはカシラダカ、そして斜面林のスギの枯れ枝にはオオタカの姿が。

DSCN6542 (700x521).jpg


DSCN6556 (700x532).jpg


DSCN6588 (700x529).jpg


DSCN6650 (700x502).jpg


DSCN6702 (700x543).jpg


DSCN6908 (700x530) (2).jpg


DSCN6953 (700x520).jpg


DSCN7014 (700x525).jpg


DSCN6523 (700x500).jpg


DSCN6857 (700x545).jpg

今朝の記録ークイナ、ウソ、キクイタダキ?(NO1294) [水辺の鳥]

2017年2月21日

今朝は、冷たい西風に悩まされる沼べりです。南向きの水際にクイナが採餌

に夢中です。同じ採餌行動のバン類と競うように水中に嘴を突いていた。

風を避けるように林へ向かう。ウソが風下側の桜に取り付いている。

いつもの小さな群れのようだ。まだ滞在中でした。

先日はうしろ姿、今朝は腹部のショットです。なかなか頭部の黄色のシンボル

を撮せてくれません。キクイタダキ数羽が針葉の高枝を飛び交っていた。


DSCN2317 (700x546).jpg


DSCN2195 (700x539).jpg


DSCN2342 (700x516).jpg


DSCN2456 (700x516).jpg


DSCN2501 (700x536).jpg


DSCN2508 (700x529).jpg


DSCN2539 (700x526).jpg

今朝の記録ーミサゴ、チュウヒ、クイナ、ホオアカ(NO1291) [水辺の鳥]

2017年2月18日

昨日は強い南風が吹き抜けた沼べり、今朝は風も収まり静かな湖面です。

遠く漁網杭に羽を休めるミサゴ、アシハラから上空へ旋回して再び降下して、

チュウヒが獲物を狙っていた。

岸べりにはクイナの姿がありました。

野焼きした耕作地、焦げ茶色に紛れたホオアカ、朝の採餌に夢中でした。


DSCN1607 (700x528).jpg


DSCN1598 (700x503).jpg


DSCN1590 (700x511).jpg


DSCN1653 (700x525).jpg


DSCN1676 (700x478).jpg


DSCN1689 (700x523).jpg


DSCN1712 (700x524).jpg


DSCN1735 (700x523).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、クイナ、ウソ♀、カシラダカ、(NO1290) [水辺の鳥]

2017年2月17日

予報通り午前9時ごろになると、強い南風が吹きだした。この強い南風、

春一番だそうです。

本来暖地に生息するといわれるクイナ類、今朝も別のポイントで確認する。

しかも左から近づくのはヒクイナ、右の方からやってきたのはクイナでした。

その間にいたコガモが慌てて、クイナの目の前をすり抜けていった。

強い南風は林の中を通り抜け、太い幹を左右に揺らし、風音を立てていた。

揺れる枝先にはウソ、カシラダカの姿でした。


DSCN1462 (700x522).jpg


DSCN1464 (700x525).jpg


DSCN1469 (700x498).jpg


DSCN1485 (700x533).jpg


DSCN1480 (700x500).jpg


DSCN1552 (700x526).jpg


DSCN1513 (700x526).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、ホオアカ(NO1289) [水辺の鳥]

2017年2月16日

2月も早く、後半へと向かう、寒暖を繰り返しながら春へ季節は進む。

冷たい西風が吹き続いたあと、ここ3日続けて穏やかな沼べりです。

陽気に誘われたのかアシハラから姿を見せたヒクイナ、すぐに草むら

の中へ後姿を残して消えていった。

いくらか新芽の出てきた草地で採餌するのはホオアカです。時々アシ

の茎にとまり様子をうかがっていた。


DSCN1336 (700x565).jpg


DSCN1351 (700x525).jpg


DSCN1356 (700x524).jpg


DSCN1362 (700x532).jpg


DSCN1318 (700x524).jpg


DSCN1325 (700x539).jpg


DSCN1367 (700x497).jpg


DSCN1383 (700x506).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、ホオアカ(NO1281) [水辺の鳥]

2017年2月4日

今日は立春。耕作地の畔に小さな新芽らしき緑が見られます。

2日続けて吹いた西風もようやく収まった。

枯れたアシの湿地にヒクイナの姿。この冬もどうやら無事越冬できそうです。

穏やかな沼べりにしては鳥影は少ない。湖面にはヒドリガモの群れが浮かん

でいるだけでした。

アシハラも静かなままで、ホオアカが茎に取り付きあたりの様子をうかがっていた。

DSCN9119 (700x518).jpg


DSCN9125 (700x501).jpg


DSCN9122 (700x526).jpg


DSCN9145 (700x524).jpg


DSCN9191 (700x518).jpg

今朝の記録ーオシドリ♂、アカゲラ、クイナ、タシギ(NO1276) [水辺の鳥]

2017年1月29日

朝のうちは雲の多い沼べり。風も弱く曇り空こんな日は、カモ類が普段の日

よりも多くその姿を見せてくれます。

アシハラから1羽のやや小さめのシルエット、ここではあまり見かけないオシドリ♂

でした。

林に向かうと、キョッ、キョっと大きな声がアカゲラ♀です。これまた久しぶりの出現でした。

帰りの沼べり、いつものクイナ、タシギが姿を見せました。


DSCN7707 (700x502).jpg


DSCN7716 (700x524).jpg


DSCN7733 (700x525).jpg


DSCN7737 (700x533).jpg


DSCN7863 (700x548).jpg


DSCN7870 (700x524).jpg


DSCN7821 (700x539).jpg


DSCN7827 (700x553).jpg


DSCN7667 (700x556).jpg
前の10件 | - 水辺の鳥 ブログトップ