So-net無料ブログ作成
渡ってきた冬鳥 ブログトップ
前の10件 | -

今朝の記録ートラツグミ、ルリビタキ、チュウヒ(NO1495) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月18日

今朝の沼べり、強い西風おまけに身を切るような冷たさが加わった。

風を避け直ぐに林へ向かう、上空は風の音がうなっていた。

奥の方にルリビタキの声がかすかに聞こえる。前方に黒い影が。

落ち葉の色模様に紛れていたのはトラツグミでした。

西風はさらに強く、アシハラを吹き抜けていた。風に向かって飛ぶ

のは、強風をものともしないチュウヒでした。



DSCN9918 (640x496).jpg


DSCN9987 (640x492).jpg


DSCN9952 (640x479).jpg


DSCN0028 (640x503).jpg


DSCN0073 (640x480).jpg


DSCN9909 (640x479).jpg






nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーオオハクチョウ、クロハラアジサシ、クイナ、ミコアイサ、ホオアカ、タゲリ(NO1494) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月17日

オオハクチョウの数は20羽を超えるまで多くなっていた。例年にない多さです。

穏やかな湖面、風の向きを探しているようです。そのうち南の方向に首を向け、

一斉に飛び立った。そして、静まった湖面上空にクロハラアジサシです。

岸辺のクイナ、湖面にはミコアイサ、アシハラ際にはホオアカです。

開けた耕地に向かうと、タゲリがゆっくりと冠羽を立てて歩く。


DSCN9384 (640x480).jpg


DSCN9385 (640x439).jpg


DSCN9571 (640x463).jpg


DSCN9422 (640x487).jpg


DSCN9490 (640x493).jpg


DSCN9521 (640x510).jpg


DSCN9523 (640x500).jpg


DSCN9598 (640x500).jpg


DSCN9596 (640x479).jpg


DSCN9737 (640x487).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ークロハラアジサシ、クイナ、ホオアカ、ルリビタキ♀(NO1492) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月15日

急に春めいた沼べり、薄い霞がかかり一層そんな感じがします。

湖面上空、風を切るような羽ばたきのクロハラアジサシの飛翔です。

時々水面めがけて飛び込むシーンが見られました。

ぬるんだ岸辺には、いつものクイナが小走りに横切ってゆく。

アシハラ際の草地には、ホオアカが健在でした。

出がけに北岸の斜面林の中を通り過ぎる際、目前を横切る小鳥、

ルリビタキ♀でした。いつもは南岸の林で見ている冬鳥です。


DSCN9094 (513x640).jpg


DSCN9102 (640x480).jpg


DSCN9132 (640x468).jpg


DSCN9134 (640x490).jpg


DSCN9155 (640x490).jpg


DSCN9047 (640x502).jpg


DSCN9055 (640x477).jpg


DSCN9202 (640x496).jpg


DSCN9213 (640x509).jpg


DSCN8878 (640x480).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ートラツグミ、ルリビタキ、チュウヒ飛翔、ヒクイナ(NO1490) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月13日

林の中、ルリビタキの声を聴きながら奥へ行く。先方の開けた草地に黒い影が動く。

双眼鏡をのぞくと、トラツグミらしきうしろ姿。枯草に紛れてすぐに繁みの中へ姿を消した。

沼を回って帰途に就く。アシハラ上空をチュウヒの飛翔がみられ、岸辺の湿地に、今朝も

ヒクイナの採餌シーンでした。


DSCN8479 (640x507).jpg


DSCN8486 (2) (640x473).jpg


DSCN8456 (640x479).jpg


DSCN8463 (640x480) (2).jpg


DSCN8407 (640x508).jpg


DSCN8413 (640x471).jpg


DSCN8415 (640x449).jpg


DSCN8346 (640x480).jpg


DSCN8351 (640x506).jpg
nice!(1)  コメント(0) 

今朝の記録ーオオハクチョウ飛び立ち、黒味の出たオオジュリン、ヒクイナ&クイナ、ルリビタキ♂(NO1489) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月12日

冷たい西風に向かって飛び立った18羽のオオハクチョウ、続く2羽が合流し

南へ向かった。

アシハラのオオジュリン、顔の黒味が目立つようになる。

湿地のクイナ類、元気に採餌に夢中です。

林のルリビタキ、竹林にその姿を見せました。

今朝の沼べり、冷たい西風が戻ってきたが一時の厳しい寒さも和らいでいた。

DSCN8081 (640x480).jpg


DSCN8089 (640x480).jpg


DSCN8091 (640x441).jpg


DSCN8101 (640x477).jpg


DSCN8127 (640x458).jpg


DSCN8176 (640x491).jpg


DSCN8178 (640x479).jpg


DSCN8147 (640x479).jpg


DSCN8166 (640x499).jpg


DSCN8228 (640x479).jpg


DSCN8234 (640x480).jpg


DSCN8307 (640x480).jpg


DSCN8310 (640x480).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ータカ類4種、ミコアイサ、オオハクチョウ(NO1484) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月6日

渡来したカモの群れはすでに渡去したらしい。やや強い西風で

波立つ湖面にはその姿はなかった。

予想通りその冷たい西風に乗りやってきたのは、アシハラをにらむチュウヒ。

上空高くに、ノスリ、オオタカが大きな輪を描く。

岸べりの揚水機場の陽だまりには、狩りの合間か、羽を休めるチョウゲンボウ。

青い湖面に白い鳥、いつものオオハクチョウとミコアイサでした。


いつものチュウヒ
DSCN6332 (640x480).jpg

毛色の違ったチュウヒ
DSCN6553 (640x478).jpg


DSCN6562 (640x499).jpg

ノスリ
DSCN6497 (640x494).jpg

オオタカ
DSCN6536 (640x496).jpg

チョウゲンボウ
DSCN6478 (640x480).jpg


DSCN6502 (640x521).jpg


DSCN6416 (640x477).jpg


DSCN6340 (640x480).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ートモエガモ健在、ノスリ、ホオアカ、ミコアイサ(NO1481) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月3日

このところマイナスの気温が続く沼べりでしたが、今朝は0.1度C と辛うじて

プラスの気温になる。風もなく穏やかな湖面です。

ゆったりと羽を休めるカモ達が点在する中、数羽のトモエガモを確認。

まだ健在のようです。アシハラに突き出たタチヤナギにノスリの姿。振り返り

こちらににらみを利かす。繁みのホオアカ、湖面にはミコアイサの小群が。


DSCN5150 (640x443).jpg


DSCN5121 (640x501).jpg


DSCN5172 (640x491).jpg


DSCN5175 (640x479).jpg


DSCN4905 (640x490).jpg


DSCN4940 (640x479).jpg


DSCN5024 (640x493).jpg


DSCN5025 (640x507).jpg


DSCN4958 (640x498).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーベニマシコ、ホオアカ、ミコアイサのペア(NO1480) [渡ってきた冬鳥]

2018年2月1日

朝のうちは薄日もさしていた沼べり、帰るころにはぽつりと雨が降り出した。

風がないので何とか鳥見もできそうです。

まずはアシハラのベニマシコ♀、そしてホオアカいつもの常連です。

湖面に目を移すと、少し離れて潜水を繰り返していた2羽のミコアイサ

、次第に近づいてきた。仲の良いペアのようです。向きを変え並んで遠ざかる。

DSCN4732 (640x479).jpg


DSCN4742 (640x498).jpg


DSCN4843 (640x505).jpg


DSCN4844 (640x480).jpg


DSCN4808 (640x482).jpg


DSCN4812 (640x492).jpg


DSCN4821 (640x500).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ークロハラアジサシ、クイナ、カシラダカ、オオハクチョウ(NO1478) [渡ってきた冬鳥]

2018年1月30日

久しぶりの穏やかな沼べり、陽ざしがありがたく感じます。ゆったりと羽ばたく

クロハラアジサシ、小舟の周りを八の字を描きながら旋回する。

岸べりの目の前を横切るクイナの姿が目に入った。

朝日を受けながら下流域のアシハラへ向かうと、木立にとまっていたのは2羽の

カシラダカでした。

今朝のオオハクチョウ、今季最大の14羽の群れで飛び立った。ほとんど風がなく

、上昇するに大きな輪を描きようやく斜面林上空へ。


DSCN4130 (640x480).jpg


DSCN4205 (640x518).jpg


DSCN4468 (640x508).jpg


DSCN4483 (640x499).jpg


DSCN4147 (640x494).jpg


DSCN4150 (640x475).jpg


DSCN4459 (640x491).jpg


DSCN4065 (640x480).jpg


DSCN4079 (640x475).jpg

ようやく高度を上げ、東の空へ
DSCN4087 (640x479) (2).jpg





















nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ーヒシクイ健在、ホオアカ、ホシゴイ(ゴイサギ幼鳥)、全面凍結(NO1477) [渡ってきた冬鳥]

2018年1月28日

今回の最強寒波はやはり本物です。下沼(手賀大橋から東側下流域)の中で

最も広がりのある東端部のほとんどが凍結していた。 写真ー1,2

過去10数年の観察で初めてです。

凍結を免れたアシハラ際のわずかな水面にヒドリガモの群れ、その中に

ヒシクイの姿を確認する。上空に、今朝も北へ向かうカモの群れを見る。

アシハラにホオアカ、沼岸のシノタケの繁みにホシゴイ(ゴイサギ幼鳥)が

休息中でした。

写真ー1
DSCN3649 (640x420).jpg

写真ー2
DSCN3656 (640x409).jpg


DSCN3869 (640x479).jpg


DSCN3902 (640x480).jpg


DSCN3879 (640x480).jpg


DSCN3911 (640x480).jpg


DSCN3785 (640x491).jpg


DSCN3829 (640x468).jpg
nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | - 渡ってきた冬鳥 ブログトップ