So-net無料ブログ作成
検索選択

今朝の記録ーアリスイ、クイナ、アトリ、オシドリ(NO1321) [渡ってきた冬鳥]

2017年3月31日

先日のアリスイのポイントに通りかかると、今朝も鳴き声がする。沼岸から

台地の林側で鳴くそのアリスイ。先日はその姿を確認できなかった。

それは余りにも枯れた幹が、アリスイの体に似ていたので見失ったらしい。

水位が上がって岸べりの枯れたアシが水没し、狭い縁を足早に動くクイナ、

そして湿地のクイナと、2か所で姿を見せた。

谷津の斜面林を眺める、ツバメの飛翔3羽を確認するが、目的のサシバの

姿はなかった。斜面林を超える小鳥の群れ、台地の大きな桜の木のこずえ

にとまったのは北へ移動中のアトリらしい。しばし採餌すると、再び西の方向へ

飛び去った。

湖面には、ここではあまり見ることのないオシドリのペアらしき姿が有りました。

DSCN0476 (2) (700x530).jpg


DSCN0532 (2) (700x534).jpg


DSCN0543 (700x525).jpg


DSCN0536 (700x525).jpg


DSCN0685 (700x524).jpg


DSCN0680 (700x524).jpg


DSCN0578 (700x516).jpg


DSCN0585 (700x514).jpg


DSCN0593 (700x524).jpg

今朝の記録ーアリスイ、ホオアカ(NO1320) [渡ってきた冬鳥]

2017年3月29日

遊歩道のニセアカシヤの木にとまるアリスイ、いつもの甲高い声とは違う。

離れた木立の方でもこの声に呼応するかのように鳴き声が。2羽のアリスイ

がいるようだが、声の方を探したが離れた方は確認することができなかった。

アシハラ際の耕作地の畔にはいつものホオアカ、しばし採餌に夢中です。

時々アシの茎に取り付いてあたりの様子を見ていた。


DSCN0100 (700x525).jpg


DSCN0115 (700x525).jpg


DSCN0104 (700x525).jpg


DSCN0164 (700x528).jpg


DSCN0419 (700x515).jpg


DSCN0463 (700x534).jpg

今朝の記録ーホオアカ、クイナ、ウソ、カシラダカ、ミサゴ(NO1319) [渡ってきた冬鳥]

2017年3月28日

3日ぶりの太陽がまぶしい沼べりです。 耕地にはうっすら霜が降り、途中の

住宅の屋根も真っ白く覆われていた。明け方の冷え込みも日が上るにつれ解消。

アシハラのホオアカは、数羽のグループにまとまっていた。そろそろ北へ渡る態勢

のようです。

沼の水位がやや上がり、水没を免れたアシの上を小走りにクイナの姿です。

斜面林に挟まれた谷津の際、桜の枝先にウソの小さな群れが膨らんだ蕾をついばむ。

さらに行くと、畦で採餌するカシラダカ、気配で傍らの桜に飛び移った。

帰り道、上空青空にミサゴの飛翔がありました。


DSCN0076 (700x525).jpg


DSCN9798 (700x532).jpg


DSCN9822 (700x525).jpg


DSCN9870 (700x530).jpg


DSCN9763 (700x526).jpg


DSCN9786 (700x525).jpg


DSCN9994 (700x525).jpg


DSCN9998 (700x528).jpg


DSCN9937 (700x524).jpg


DSCN9894 (700x497).jpg

今朝の記録ーウソ、シメ、キンクロハジロ、オオハクチョウ(NO1318) [渡ってきた冬鳥]

2017年3月25日

そろそろ早めに渡来する夏鳥たちを期待したものの、出会ったのはしぶとく残る

冬鳥4種でした。

まずは、ほころび始めた桜の花芽をほおばるウソの群れでした。暫く姿を見なか

ったが、林の奥の方かあるいは場所変えていたのだろう。そして地上で採餌

して、傍らの枝先にとまったシメでした。

帰り道、アシハラから出て沖合へ向かうキンクロハジロ、渡りの途中立ち寄った

のだろう、オオハクチョウが好物のマコモの根を嘴でしきりにつついでいた。

DSCN9586 (700x534).jpg


DSCN9628 (700x542).jpg


DSCN9682 (700x526).jpg


DSCN9695 (700x525).jpg


DSCN9751 (700x527).jpg


DSCN9462 (700x505).jpg

今朝の記録ーコチドリ、クイナ、ホオアカ、ベニマシコ♀(NO1317) [渡ってきた夏鳥]

2017年3月24日

ツバメに続いて2番目の夏鳥になるコチドリの渡来です。例年に比べてやや

遅い渡来でした。3羽のうち2羽は体が小さめの若鳥のようだった。

岸縁には2羽のクイナの姿。左右から近づいて鉢合わせて、お互い来た方向

へ戻っていった。

ホオアカが3羽の小さな群れになっていた。出会った2か所とも群れ行動をして

いた、そろそろ北へ帰るころです。  そして今朝もベニマシコ♀に出会った。

DSCN9318 (700x524).jpg


DSCN9338 (700x504).jpg


DSCN8960 (700x528).jpg


DSCN9003 (700x522).jpg


DSCN9028 (700x499).jpg


DSCN9062 (700x519).jpg


DSCN9285 (700x534).jpg


DSCN9184 (2) (700x517).jpg

今朝の記録ーホオアカ、ベニマシコ、クイナに追われるヒクイナ(NO1316) [渡ってきた冬鳥]

2017年3月23日

ピーク時には100羽を超える数を数えたコガモたち、50羽ほどに減少。

渡ってきたほかのカモ類の姿は見られなかった。

アシハラのホオアカも以前ほど出会いの頻度が減じてきました。

一方、渡りの移動途中と思えるベニマシコの姿は、今朝も2か所で確認

しました。

またアシハラ湿地のクイナたち、相変わらず動きが活発で、出会いがしらに

両者鉢合わせしたらしく、やや体の大きいクイナに追われるヒクイナでした。


8232ーコガモの数約50羽に (700x451) (2).jpg


DSCN8799 (700x575).jpg


DSCN8821 (700x524).jpg


DSCN8835 (700x525).jpg


DSCN8767 (700x519).jpg


DSCN8775 (700x524).jpg


DSCN8753 (700x525).jpg

今朝の記録ー咲いたシダレザクラとウグイス、ヒクイナ&クイナ、ベニマシコ、ルリビタキ、オオタカ(NO1315) [水辺の鳥]

2017年3月22日

明け方の強い西風も弱まり比較的穏やかな沼べり、

ようやく咲いた沼べりのシダレザクラ、ウグイスも本来の声を響かせていた。

アシの新芽もちらほら、ヒクイナとクイナが湿地で朝の採餌にせわしく動く。

ほころんだヤナギの新芽をほおばるベニマシコ、このところアシハラでよく

見かけます。

そろそろサシバを期待して林に向かうと、まだルリビタキがしぶとく残っていた。

いつものスギの大木のこずえにはオオタカの姿です。残念ながら期待の鳥は

出現しなかった。


DSCN8332 (700x510).jpg


DSCN8343 (700x506).jpg


DSCN8317 (700x523).jpg


DSCN8270 (700x525).jpg


DSCN8441 (700x525).jpg


DSCN8458 (700x549).jpg


DSCN8697 (2) (700x565).jpg


DSCN8722 (700x536).jpg


DSCN8553 (700x564).jpg


DSCN8573 (2) (700x513).jpg

今朝の記録ーベニマシコ、ホオアカ、ミコアイサ♀、カンムリカイツブリ、セッカ(NO1314) [渡ってきた冬鳥]

2017年3月20日

利根川に続く東西に細長い手賀沼流域は渡り鳥のルートらしいことは、カモ類の

秋の渡りを観察してわかります。小鳥たちもこのルート伝いに移動するようです。

今朝は、ちょうどこの時期沼べりでよく見かけるベニマシコを期待して下流方へ。

運よく、シダレヤナギの新芽を盛んについばむ2羽のベニマシコ♂に出会った。

これまで見たことはない、シダレヤナギに取り付くベニマシコでした。

そして残り少なくなった冬鳥たち、草地にホオアカ、湖面にはミコアイサ♀

、カンムリカイツブリ(夏羽)、最後は沼べりで留鳥のセッカでした。


DSCN7995 (2) (700x525).jpg


DSCN8015 (2) (700x525).jpg


DSCN8020 (2) (700x525).jpg


DSCN8134 (700x535).jpg


DSCN8197 (700x541).jpg


DSCN8055 (700x513).jpg


DSCN8070 (700x524).jpg

今朝の記録ーホオアカ、カシラダカ、カンムリカイツブリ、ヒクイナ&クイナ(NO1313) [渡ってきた冬鳥]

2017年3月19日

アシハラの奥の方から出てきて、穂先にとまったホオアカ。その一部は北へ

移動を始めたと見え数が減少しています。同じ採餌行動のカシラダカも少なく

なり、体の色もだいぶ濃くなっていた。

静かになった林を素通りして、ぬるみ始めた沼べりを行く。

湖面にはカモ類の姿はなく、穏やかな水面に夏羽のカンムリカイツブリが心地

よさそうに浮かんでいた。

湿地には、今朝もヒクイナ、クイナがせわしく採餌する姿がありました。


DSCN7647 (700x523).jpg


DSCN7759 (700x525).jpg


DSCN7785 (700x500).jpg


DSCN7830 (700x498).jpg


DSCN7847 (700x496).jpg


DSCN7849 (700x509).jpg


DSCN7538 (700x539).jpg


DSCN7580 (700x526).jpg


DSCN7621 (700x520).jpg


DSCN7613 (700x525).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、クイナ、ベニマシコ♀、シメ(NO1312) [水辺の鳥]

2017年3月18日

今朝もヒクイナとクイナに出会う。まだアシの新芽が出たばかりなのでその

隙間に姿を見せてくれます。この週末は好天に恵まれ桜の蕾も膨らみそうです。

沼べりのアワダチソウをついばむのはベニマシコ♀です。林の中にはシメの姿。

渡り鳥たち、間もなく夏鳥に入れ替わる頃。斜面林の上空遠くにタカ類らしき

飛翔を見る。細身のシルエットなのでサシバのように見えましたが、あまりにも

遠すぎました。


DSCN7192 (700x524).jpg


DSCN7195 (700x524).jpg


DSCN7232 (700x524).jpg


DSCN7309 (700x525).jpg


DSCN7329 (700x525).jpg


DSCN7365 (700x549).jpg


DSCN7381 (700x541).jpg


DSCN7438 (700x555).jpg