So-net無料ブログ作成
検索選択

今朝の記録ーアリスイ、ルリビタキ、ホオアカ、クイナ(NO1298) [渡ってきた冬鳥]

2017年2月27日

枯れた叢に動く鳥が、よく見るとアリスイが何かをついばんでいた。

根元付近で折れた茎に、嘴(赤い舌)を入れ幼虫をからめとり食べていた。

林へ行くと、北へ渡去したと思われたルリビタキ(♂、♀)がまだ居残っていました。

他の冬鳥の姿はなかった。

アシハラには、数は少ないがまだしばらく滞在するホオアカ。そして湿地のクイナ

は連日姿を見せます。


DSCN3423 (700x529).jpg


DSCN3498 (700x525).jpg

折れた茎に嘴(赤い舌)を入れる
DSCN3522 (700x541).jpg

小さな幼虫を銜える
DSCN3524 (2) (700x524).jpg


DSCN3562 (700x543).jpg


DSCN3701 (700x525).jpg


DSCN3759 (700x545).jpg


DSCN3777 (700x525).jpg


DSCN3581 (700x528).jpg


DSCN3356 (700x525).jpg

今朝の記録ーノスリ、ミサゴ、クイナ、ホオアカ(NO1297) [渡ってきた冬鳥]

2017年2月26日

昨日に続いて穏やかな沼べり。

林の中は鳥の声も少ない静かな佇まい、アトリが2羽樹間を飛び交っていた。

沼べりへ向かうと、パイプ柵にノスリの姿です。そのうち傍らの木に飛び移り、

岸べりのアシハラあたりをにらんでいた。飛び込んだものの失敗に終わった

らしい。一方、上空にはミサゴです。こちらは真下の湖面をにらみながら

ホバリングのような態勢で羽ばたく。いずれも狩り失敗したようです。

土手の草地にはいつものホオアカ、そしてぬるみだした水際にクイナが、気配に

気づいて固まっていた。


DSCN3209 (700x528).jpg


DSCN3325 (700x512).jpg


DSCN3329 (700x522).jpg



DSCN3294 (700x529).jpg


DSCN3297 (2) (700x498).jpg


DSCN3304 (700x482).jpg


DSCN3262 (700x539).jpg


DSCN3203 (700x531).jpg

今朝の記録ーキクイタダキ、ウソ、アトリ、ホオアカ、クイナ、タシギ、(NO1296) [渡ってきた冬鳥]

2017年2月25日

風もなく穏やかな沼べり、鳥見日和の週末です。期待通り盛り沢山の野鳥に

出会いました。

まずは、これまでチラリと姿を見せたキクイタダキ、なんとか黄色の頭央線を

捉えることができました。それにしても素早く動き回ります。

林にはいつものウソ、アトリがまだ滞在中でした。ここ数日ルリビタキ♂の姿

が見えません。 (北へ渡去したかもしれません)

沼べりのアシハラに行くと、ホオアカ、クイナ、タシギが採餌に精を出していました。

注:2枚目のホオアカに足環がついています。


DSCN3007 (2) (700x522).jpg


DSCN3011 (2) (700x556).jpg


DSCN3017 (2) (700x536).jpg


DSCN3021 (2) (700x539).jpg


DSCN3079 (700x525).jpg


DSCN3083 (700x526).jpg


DSCN3183 (700x525).jpg


DSCN2910 (700x529).jpg


DSCN2958 (700x534).jpg


DSCN2733 (700x503).jpg


DSCN2719 (700x511).jpg

今朝の記録ーミコアイサ、ルリビタキ、ホオアカ(NO1295) [渡ってきた冬鳥]

2017年2月22日

風もなく久しぶりに穏やかな佇まいを見せる沼べりです。この時期、朝は穏やかでも

日が昇るにつれ湖面に白波が立ちます。

波一つない湖面には、ミコアイサ3羽が潜水を繰り返し朝の採餌に精を出していた。

林に行くと、ここ数日見かけなかったルリビタキ、まだ健在でした。

そしてアシハラのホオアカ、いつものポーズであたりの様子をうかがっていた。

以上3種は、マイフィールドの冬鳥(湖面、林、アシハラ)を代表する野鳥です。

DSCN2584 (700x495).jpg


DSCN2606 (700x524).jpg


DSCN2621 (700x520).jpg


DSCN2629 (700x525).jpg


DSCN2652 (700x525).jpg


DSCN2671 (700x528).jpg


DSCN2685 (700x525).jpg

今朝の記録ークイナ、ウソ、キクイタダキ?(NO1294) [水辺の鳥]

2017年2月21日

今朝は、冷たい西風に悩まされる沼べりです。南向きの水際にクイナが採餌

に夢中です。同じ採餌行動のバン類と競うように水中に嘴を突いていた。

風を避けるように林へ向かう。ウソが風下側の桜に取り付いている。

いつもの小さな群れのようだ。まだ滞在中でした。

先日はうしろ姿、今朝は腹部のショットです。なかなか頭部の黄色のシンボル

を撮せてくれません。キクイタダキ数羽が針葉の高枝を飛び交っていた。


DSCN2317 (700x546).jpg


DSCN2195 (700x539).jpg


DSCN2342 (700x516).jpg


DSCN2456 (700x516).jpg


DSCN2501 (700x536).jpg


DSCN2508 (700x529).jpg


DSCN2539 (700x526).jpg

今朝の記録ーアリスイ、タシギ、タゲリ、アトリ(NO1293) [渡ってきた冬鳥]

2017年2月20日

アシハラにけたたましい声が響いた。繁みからわきの木立に飛び移ったその

正体はアリスイでした。

南風が吹く沼べりにタシギの姿。長いくちばしを突き立て採餌中のようです。

広がる耕地の先に、白と黒のツートンカラーの鳥の群れ30羽ほど。タゲリの

群れです。朝の採餌も終えたのか、みな首をすくめたまま動きはなく休息中。

林に向かうと、樹間を飛び交うアトリの群れに出会った。ずいぶん長い滞在です。


DSCN1915 (700x525).jpg


DSCN1933 (700x525).jpg


DSCN1961 (700x524).jpg


DSCN1983 (700x528).jpg


DSCN2010 (700x527).jpg


DSCN2051 (700x514).jpg


DSCN2066 (700x547).jpg


DSCN2112 (700x536).jpg


DSCN2113 (700x526).jpg

今朝の記録ーミコアイサ、シメ、キクイタダキ?(NO1292) [渡ってきた冬鳥]

2017年2月19日

日が昇るにつれ西風が強まる沼べりを行くと、波立つ沖の漁網杭あたりに、

純白の羽が目に入った。波間に浮かぶミコアイサです。

見上げれば斜面林越しに富士山の白い頂きが見えます。手賀沼のシンボリック

な景色です。

林の中は鳥影はなく、採餌中のシメが常緑の葉陰に飛び移った。  暫くして、

高木のスギ周りに珍しいカラの混群に出会う。針葉の葉陰に一瞬、キクイタダキ

らしき後姿をなんとかとらえることができました。


DSCN1787 (700x518).jpg


DSCN1822 (700x507).jpg


DSCN1856 (700x525).jpg


DSCN1878 (700x525).jpg


DSCN1880 (700x528).jpg


DSCN1897 (2) (700x525).jpg

今朝の記録ーミサゴ、チュウヒ、クイナ、ホオアカ(NO1291) [水辺の鳥]

2017年2月18日

昨日は強い南風が吹き抜けた沼べり、今朝は風も収まり静かな湖面です。

遠く漁網杭に羽を休めるミサゴ、アシハラから上空へ旋回して再び降下して、

チュウヒが獲物を狙っていた。

岸べりにはクイナの姿がありました。

野焼きした耕作地、焦げ茶色に紛れたホオアカ、朝の採餌に夢中でした。


DSCN1607 (700x528).jpg


DSCN1598 (700x503).jpg


DSCN1590 (700x511).jpg


DSCN1653 (700x525).jpg


DSCN1676 (700x478).jpg


DSCN1689 (700x523).jpg


DSCN1712 (700x524).jpg


DSCN1735 (700x523).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、クイナ、ウソ♀、カシラダカ、(NO1290) [水辺の鳥]

2017年2月17日

予報通り午前9時ごろになると、強い南風が吹きだした。この強い南風、

春一番だそうです。

本来暖地に生息するといわれるクイナ類、今朝も別のポイントで確認する。

しかも左から近づくのはヒクイナ、右の方からやってきたのはクイナでした。

その間にいたコガモが慌てて、クイナの目の前をすり抜けていった。

強い南風は林の中を通り抜け、太い幹を左右に揺らし、風音を立てていた。

揺れる枝先にはウソ、カシラダカの姿でした。


DSCN1462 (700x522).jpg


DSCN1464 (700x525).jpg


DSCN1469 (700x498).jpg


DSCN1485 (700x533).jpg


DSCN1480 (700x500).jpg


DSCN1552 (700x526).jpg


DSCN1513 (700x526).jpg

今朝の記録ーヒクイナ、ホオアカ(NO1289) [水辺の鳥]

2017年2月16日

2月も早く、後半へと向かう、寒暖を繰り返しながら春へ季節は進む。

冷たい西風が吹き続いたあと、ここ3日続けて穏やかな沼べりです。

陽気に誘われたのかアシハラから姿を見せたヒクイナ、すぐに草むら

の中へ後姿を残して消えていった。

いくらか新芽の出てきた草地で採餌するのはホオアカです。時々アシ

の茎にとまり様子をうかがっていた。


DSCN1336 (700x565).jpg


DSCN1351 (700x525).jpg


DSCN1356 (700x524).jpg


DSCN1362 (700x532).jpg


DSCN1318 (700x524).jpg


DSCN1325 (700x539).jpg


DSCN1367 (700x497).jpg


DSCN1383 (700x506).jpg