So-net無料ブログ作成

今朝の記録ーベニマシコ、静かな湖面(NO1032) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月30日

雲は多めだが時折雲間から太陽がのぞく、穏やかな年の暮れです。

沖合のホシハジロの群れ、そしてカンムリカイツブリがぽつんと浮かび

波一つない静かな湖面、今年もいろいろな野鳥たちがここ手賀沼べりに

やってきてくれました。    自然の贈り物に感謝!

今朝のアシハラにベニマシコ2羽、好物のイノコズチ、セイタカアワダチソウ

をついばみ、時々あたりを見回しては様子をうかがう。


DSCF8373 (800x595).jpg

イノコズチをついばむ
DSCF8563 (800x658).jpg


S0528436 (800x612).jpg


S0428396 (667x800).jpg


DSCF8573 (800x652).jpg

セイタカアワダチソウをついばむ
S0488425 (633x800).jpg


S0868621 (697x800).jpg

今朝の記録ーベニマシコ、ホオアカ、オオジュリン、ノスリ(NO1031) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月29日

快晴の沼べり、風も弱くバードウォッチング日和です。遊歩道を歩き始めて

間もなく、アシハラに鳥の声が ピポッ、ピポッと聞こえた。

久しぶりのベニマシコです。アシの奥でついばむ音がかすかに聞こえた。

少し間をおいて傍らの柳にとりついた。

今季頻繁に姿を見せるホオアカ、そしてアシハラの主オオジュリンでした。

澄んだ青空にはノスリの飛翔が、大きく旋回し上昇気流に乗っていった。


ベニマシコ
DSCF8168 (654x800).jpg


DSCF8171 (684x800).jpg


S0078149 (604x800).jpg

ホオアカ
S0238265 (609x800).jpg


S0258272 (637x800).jpg

オオジュリン♂
DSCF8275 (616x800).jpg

オオジュリン♀
DSCF8247 (599x800).jpg


S0298311 (800x568).jpg

今朝の記録ークロジ今季初認、ルリビタキ、ビンズイ、シロハラ(NO1030) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月28日

全国的に冷え込んだ朝、手賀沼べりも今季2番目の記録マイナス2.5度Cを示した。

冷たい西風を避けるようにして林へ。

暗い茂みに今季初のクロジのペアが、かすかな鳴き声チッ、チッとその所在を

知らせてくれました。そのまま通り過ぎるところでした。

林の奥、木漏れ日のさす小枝、紫の実のなるコムラサキシキブにルリビタキが止まる。

ひらりひらりと枝から枝へ。

少し高い枝先にはビンズイです。しばし様子を見て水場へ降りて来た。

桜の木にはシロハラが、開けた西の方を眺めやがて飛び去った。

林の中は風もなく穏やかで、時々鳥たちの声が響いていた。


S0047010 (800x643).jpg


S0197052 (800x602).jpg


S0777371 (800x653).jpg


S0068036 (685x800).jpg


S0118061 (800x600).jpg


S0477207 (615x800).jpg


S0577266 (800x590).jpg


S0607272 (601x800).jpg

今朝の記録ー波間のミコアイサ、複数のホオアカ(NO1029) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月27日

この冬初の波間に浮かぶミコアイサに出会った。日が昇るにつれ冷たい

西風が吹き出し湖面が一気に白波を立てるようになった。

いつになく活発に動くミコアイサでした。

いつものアシハラに小鳥たちの声が、ベニマシコ、カシラダカ、オオジュリン

達はみんな風下側に集まっていた。

いつもは単独で見られるホオアカ、今朝は2羽のホオアカが並んでアシに

とまる姿を初めて確認できた。


S0216102 (800x636).jpg


S0496261 (800x586).jpg


S0586316 (800x572).jpg


DSCF5732 (800x599).jpg


DSCF5683 (541x800).jpg


S0025689 (800x603).jpg

今朝の記録ー川原のホオアカ&トビ(NO1028) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月25日

今朝の沼べりは穏やかな佇まいをみせ、湖面やアシハラの野鳥たちの

姿は少なく静かなままであった。

いつもとは違い沼につながる川原に向かった。雀の大きな群れが羽音

を響かせて川原を飛び交っていた。

少し離れたアシハラに、よく見るとホオジロそしてホオアカが混じりあたりを

見まわしていた。いつも見かける個体とは別のホオアカのようだ。

同じアシハラの疎林にはトビが羽を休めていた。


S0895629 (598x800) (2).jpg


DSCF5652 (543x800).jpg


S0925640 (572x800).jpg


S0875624 (649x800).jpg

今朝の記録ーベニマシコ♂、ミコアイサ♂、カシラダカ(NO1027) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月24日

今年もあと一週間で新しい年を迎えます。今朝は、縁起の良い紅白の冬鳥たち

に会うことができた。

まずベニマシコの雄です。沼べりには好物のイノコヅチやセイタカアワダチソウ

の実が豊富にありしばらく居続けることでしょう。

白装束のミコアイサ♂、ペアで岸べりに近づいた。人影を見るやすぐに潜り沖に

遠ざかっていった。 近年の手賀沼は浄化が進み小魚が豊富になりました。

土手にはカシラダカ、同じ背の低い草の実をしきりについばんでいた。ベニマシコ

とは別の草の実のようだ。


S0105192 (616x800).jpg


S0405398 (618x800).jpg


S0425403 (647x800).jpg


S0245266 (800x630).jpg


S0315315 (800x617).jpg


S0295298 (800x603).jpg


S0035148 (800x628).jpg

今朝の記録ーベニマシコ♂今季初認、ミコアイサ(エクリプス)、オカヨシガモ(NO1026) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月22日

快晴の沼べり、アシハラに今季ようやくベニマシコの雄に出会うことができた。

メスの個体には11月半ばには既に確認していた。心なしかその声はメスより

大きく聞こえた。

沼べりにエクリプスと思われるミコアイサの雄が目の前に近づいてきた。

だいぶ警戒心は薄れ、採餌に夢中のようだった。

今季は湖面にオカヨシガモの姿をよく見かけます。


S0175122 (2) (475x640).jpg


S0155109 (3) (640x521).jpg


S0155111 (640x510).jpg


S0534354 (640x499).jpg


S0794525 (640x472).jpg


S0844561 (640x479).jpg


S0065040 (640x461).jpg

今朝の記録ー沖合にヨシガモ3羽今季初認、ホオアカ、ノスリ(NO1025) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月21日

夕暮れ時の手賀沼は久しぶりのウォッチングです。薄日のさす湖面、沖合遠くに

3羽の黒いシルエット、双眼鏡をのぞくと尾の飾り羽が目に入った。

今季ようやく確認のヨシガモ3羽でした。ゆったりと羽繕いをし羽を休めていた。

そしていつものホオアカ、さらには、カラスに追われるノスリが耕作地際の電柱

に緊急避難したのだろう、迷惑そうな顔をして止まった。。


DSCF4167 (640x489).jpg


DSCF4169 (640x482).jpg


S0304210 (2) (475x640).jpg


S0344229 (491x640).jpg


S0164116 (477x640).jpg

今朝の記録ー沖合にミコアイサ、スズガモ、オカヨシガモ、カシラダカ、タゲリの飛翔(NO1024) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月20日

今冬最低気温マイナス2.7度Cを記録した。沼べりの用水路に初の凍結

を見ました。沼本体の凍結はまだ少し先のようです。

キラキラ光る湖面の沖合にミコアイサ3羽の姿(♂1+♀2)、そして今年よく

現れるスズガモの群れ(オスはエクリプス)、このところ居ついているオカ

ヨシガモが羽を休めていた。

アシハラの疎林にはカシラダカ、上空をタゲリの飛翔が見られました。

鳥影はすくないものの穏やかな沼べりでした。


S0313607 (800x600).jpg


S0293599 (800x606).jpg


S0733904 (800x599).jpg


S0673852 (800x622).jpg


S0383646 (581x800).jpg


DSCF3771 (800x676).jpg



今朝の記録ーチュウヒの飛翔、ルリビタキ(NO1023) [渡ってきた冬鳥]

2015年12月18日

例年だとすでに湖面の氷が張ってもよい時期ですが、今冬はまだです。

暖冬傾向の予報通り比較的しのぎやすい冬になりそうです。

昨日に続いてアシハラには鳥の声はなく、チュウヒの飛翔がアシ原スレスレ

に滑空する。

林の中もなぜか静かなままだった。しばらくしてルリビタキ♂の声が響く、

木漏れ日の中姿を見せてくれたのは若い♂の個体でした。


S0013450 (800x616).jpg


S0013453 (800x601).jpg


S0123481 (800x607).jpg


DSCF3487 (800x664).jpg


S0143498 (800x631).jpg