So-net無料ブログ作成

今朝の記録ータゲリ、ミヤマガラス、アトリ、ウソ、鴨川のオオハム?(NO1263) [渡ってきた冬鳥]

2017年1月5日

耕耘機も仕事始め、開けた耕地に動力音が響いていた。その後を追う

タゲリが数羽。目ざとく田を起こすのを見つけて舞い降りたのだろう。

少し離れた上空を、ミヤマガラスの大きな群れが上下に大きく揺れながら

風上へ向かう。

帰り道、谷津の斜面林に向かう。高枝にアトリ、ウソが姿を見せた。

追記-----先日鴨川の道の駅付近の海岸小さな漁港に立ち寄った時、

オオハムと思われる海鳥に出あいました。漁船が近づいても逃げようとせず、

暫く観察することができた。初記録の鳥になりました。

(オオハムではなく、シロエリオオハムとの指摘をいただきました。)



DSCN3747 (700x557).jpg


DSCN3754 (700x517).jpg


DSCN3760 (700x524).jpg


DSCN3775 (700x525).jpg


DSCN3671 (700x528).jpg


DSCN3673 (700x536).jpg


DSCN3703 (700x524).jpg


追記ー鴨川のシロエリオオハム
DSCN3585 (700x512).jpg


オオハム?-鴨川の海岸、3622 (2) (700x521).jpg

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

通りすがり

惜しい!。
オオハムではなく、シロエリオオハムです。

非生殖羽では、頸に黒褐色の帯が、
帽子の紐のように、リング状に入ります。
ただ、これには個体差があり、
帯が薄かったり、無い個体もいますので、要注意。
写真の個体は、はっきり見えますので、シロエリオオハムです。
実は下尾筒基部にも同様の帯があるのですが、
こちらは滅多に見えません。

オオハムは、よく似ていますが、上記の帯が無く、
脇の後部が白く見えます。

実は、日本に来るのは、シロエリオオハムの方が
多いらしいです。
by 通りすがり (2017-01-05 19:06) 

やまちゃん

コメントありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

早速訂正させていただきました。ありがとうございました。
by やまちゃん (2017-01-05 20:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0