So-net無料ブログ作成

今朝の記録ーホオジロガモ(幼鳥)健在、ルリビタキ♂の若鳥の渡来、クイナ、カワラヒワ、ハジロカイツブリ(NO1236) [渡ってきた冬鳥]

2016年11月21日

20日ぶりに先日渡来したホオジロガモ(幼鳥)に出会った。アシハラにそそぐ

水路に入り込んだようだ。人影を見て慌てて河口の方へ向かう。

冬鳥の渡来を見に林の中へ、出会ったのは紅葉した小枝にとまる今季初確認の

ルリビタキ♂の若鳥でした。(キビタキ♀ではなくルリビタキ♂の若鳥が正当)


冷たい東風の中沼べりへ、いつものクイナが水際を小走りに朝の採餌中、

遊歩道の桜の枝にやや大きめに見えた1羽のカワラヒワ(オオカワラヒワ?)。

湖面にはこのところ居ついたらしいハジロカイツブリでした。


DSCF5037 (700x533).jpg


DSCF5044 (700x524).jpg


S0105078 (700x509).jpg


S0954499 (700x525).jpg


S0924484 (700x537).jpg


S0674356 (700x584).jpg


S0724379 (700x571).jpg


DSCF5093 (700x524).jpg


S0824447 (700x524).jpg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

通りすがり

キビタキ、千葉県では12月頭までいた例もありますが、写真の個体は、尾に青色味があります(2枚とも)。1枚目の個体は、翼にも青色味があり、脇に橙色も確認できます。
ルリビタキです。
成鳥♀に似ていますが、翼に青色味があるので、雄の若鳥(本種は成鳥羽まで時間が掛かる)です。
キビタキもルリビタキも「ヒッ、ヒッ」と鳴きますが、合間に、キビタキは「クリリッ」、ルリビタキは「ググッ」とか「ギュギュ」ってな感じの声が入ります。体型も、キビタキの方がスマートで脚が短く、ルリビタキは頭部が丸っこく見え、脚が長く、よく地上に降ります。
冬鳥にちゃんと出会ってましたね。
by 通りすがり (2016-11-21 15:53) 

やまちゃん

いつもコメントありがとうございます。
勉強になりました。ご指摘の通り、特に足の形、やや長めの
スマートさがよくわかりました。ルリビタキ♂の若鳥とのご指摘
大変勉強になりました。
by やまちゃん (2016-11-21 19:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0