So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今朝の記録ークイナ、エゾビタキ、ホシハジロ(NO1417) [渡ってきた夏鳥]

2017年10月12日

3日続いて霧に覆われた沼べりです。まだ濃い霧が立ち込めたアシハラ際、

小走りに動く黒影が目に入った。クイナが盛んに水際で何かをついばんでいた。

林に着くころには霧も晴れ見通しがよくなった。早速西の斜面林から飛んできた

のは、クスノキのてっぺんにとまったゾビタキでした。林内のカラの混群、期待の

鳥影はなく間もなく林を後にした。        帰り道、

岸辺のカルガモの群れに近づく、ホシハジロとヒドリガモ2羽の姿を確認した。


DSCN1823 (640x480).jpg


DSCN1810 (640x494).jpg


DSCN1843 (640x492).jpg


DSCN1882 (640x466).jpg


DSCN1928 (640x486).jpg


DSCN1697 (640x478).jpg


DSCN1687 (640x480).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーノビタキ、オナガガモ、ヒドリガモ(NO1416) [渡ってきた夏鳥]

2017年10月8日

朝のうち濃い霧が立ち込める沼べりです。日が昇り霧が晴れると、昨日とは

打って変わり汗ばむ陽気になった。

開けた耕地の草地、アワダチソウの穂陰にスズメ大の鳥影。ノビタキがまだ

健在でした。

カモの渡りも一段落か、静かな湖面は波一つなく点々と黒いシルエットが浮かぶ。

岸辺近くで羽を休めるオナガガモ、そしてヒドリガモの姿でした。


DSCN1515 (640x490).jpg


DSCN8821 (640x480).jpg


DSCN8770 (640x491).jpg


DSCN8859 (640x480).jpg


DSCN8946 (640x480).jpg


DSCN1461 (640x447).jpg


DSCN1476 (640x454).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーカンムリカイツブリ、キンクロハジロ初認、ヒドリガモ、ノスリ(NO1415) [渡ってきた冬鳥]

2017年10月6日

昨日より規模は小さいが、カモの群れを沖合に確認する。遠く列をなして

浮かんで羽を休めているのは、キンクロハジロの群れです。

広がるアシハラから姿を見せたのは、今季初のカンムリカイツブリそして

すでに渡来しているヒドリガモでした。

斜面林に突き出たスギの枯れ木、その枝先にとまりあたりににらみを

利かすノスリでした。


DSCN1196 (640x479).jpg


DSCN1223 (640x479).jpg

沖合のキンクロハジロの群れ、かろうじて頭部の冠羽が見えます
DSCN1275 (640x458).jpg


DSCN0951 (640x480).jpg


DSCN0989 (640x480).jpg


DSCN1097 (640x480).jpg


DSCN1110 (640x483).jpg
nice!(1)  コメント(0) 

今朝の記録ーハシビロガモ、オシドリ、ヒドリガモの群れ、クイナ(NO1414) [渡ってきた冬鳥]

2017年10月5日

沼べりは今秋最も低い気温12.1度Cを記録。おまけに冷たい北風が吹き,

冷たい朝を迎えました。北から渡るカモたちにはおあつらえ向きの風のよう

です。案の定、今朝は本格的な渡りの群れを見ることができました。

編隊を組む群れは沼の上空に来るや、突然乱れると急降下し、低く旋回しながら

湖面に舞い降りました。

ハシビロガモ、ヒドリガモ、そしてオシドリもこの中に混ざっていたようです。

今朝の群れはヒドリガモを中心とした大きな群れのようでした。

帰り道アシハラ際にクイナの姿を確認する。


DSCN0795 (640x433).jpg


DSCN0651 (640x480).jpg


DSCN0673 (640x487).jpg


DSCN0884 (640x389).jpg


DSCN0325 (640x479).jpg


DSCN0457 (640x480).jpg


DSCN0410 (640x472).jpg


DSCN0452 (640x489).jpg


DSCN0511 (640x459).jpg


DSCN0463 (640x504).jpg


DSCN0474 (640x513).jpg
nice!(1)  コメント(0) 

今朝の記録ークイナ、エゾビタキ、カモの渡りなど今季初認(NO1413) [渡ってきた夏鳥]

2017年10月2日

天気は下り坂、東の空はうっすら朝焼けで雲の多い空です。沼のほとりの高台

から、今季初のカモの渡りを、南へ向かうカケスそしてヒヨドリの移動飛翔が

見られました。いよいよカモの秋の渡りが見られる時期になりました。

沼べりへ向かうと、久しぶりのクイナに出会った。これまで深いアシの繁みの奥

に入ったままで、姿を見ることはなかった。

林ではいつものエゾビタキが健在でした。


DSCN0016 (640x480).jpg


DSCN0020 (640x482).jpg


DSCN0040 (640x478).jpg


DSCN0076 (640x480).jpg


カモの渡り(種類は不明)
DSCN0031 (640x492).jpg

カケスの移動
DSCN9983 (640x462).jpg

ヒヨドリの移動
DSCN0058 (640x480).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーコムクドリ、ヨシゴイ、キセキレイ、エゾビタキ(NO1412) [渡ってきた夏鳥]

2017年10月1日

朝晩やや冷たい風が吹く沼べりです。それでも日中の日差しは強く、温度差に

気を遣うこの頃です。

例年この時期、モクレンの木に取り付くコムクドリ、今季ようやく姿を見せました。

朝の採餌を終えたのだろう、傍らの電線にとまり小休止です。

アシハラの水際には、ヨシゴイが葉陰からその姿を現した。人の気配で様子を

見に出てきたらしい。どうやら採餌の邪魔をしたようです。

林の中へ向かうと、キセキレイが水場に、桜の林にはエゾビタキでした。


DSCN9527 (640x491).jpg


DSCN9560 (640x486).jpg


DSCN9589 (448x640).jpg


DSCN9601 (640x480).jpg


DSCN9618 (640x513).jpg


DSCN9841 (640x480).jpg


DSCN9806 (640x494).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーミサゴ、エゾビタキ、キビタキ若、マガモ♂換羽中(NO1411) [渡ってきた夏鳥]

2017年9月30日

沼上空から岸辺へ近づいてきたミサゴ、頭上を通り過ぎて東の空へ消えた。

湖面にはまだカモ類の姿はなく、カモの渡りはまだ少し先のようです。

高木の梢のエゾビタキ、しばらくすると水場へ降りてきた。キビタキの若鳥

数羽と一緒に樹間を飛び交っていました。

アシハラ際には、ちょうどいま換羽中のマガモ♂の姿を確認しました。


DSCN9327 (640x479).jpg


DSCN9339 (640x454).jpg


DSCN9368 (640x491).jpg


DSCN9482 (2) (640x479).jpg


DSCN9460 (640x480).jpg


DSCN9395 (640x479) (2).jpg


DSCN9506 (640x491).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーメボソムシクイ、キビタキ♀、ゴイサギ幼鳥(NO1410) [渡ってきた夏鳥]

2017年9月29日

林縁部の雑木林、カラの混群が枝から枝へ移る様をしばし観察する。

暫くメジロの移動を見ていた時の事、1羽の細めのムシクイと思われる小鳥。

偶然頭部が見えた。いつも見る頭央線が見えない。メボソムシクイのようです。

今季初認になります。

そしていつものキビタキ♀が頭上近くにとまった。

帰りの沼べり、アシハラの水際で、ジーッと水面を凝視するゴイサギの幼鳥。


DSCN9289 (640x472).jpg


DSCN9290 (2) (640x464).jpg


DSCN9280 (640x472).jpg


DSCN9237 (640x509).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ーエゾビタキ、キビタキ♀(NO1409) [渡ってきた夏鳥]

2017年9月27日

晴れ間はほんの少しだけ、黒い雲が風に流れてゆく天気は下り坂とのこと。

遠く高木の梢に黒い鳥影がぽつんと見えた。エゾビタキがあたりの様子見です。

そのうち手前の桜の枝先にとまる。

林の中へ、メジロを中心とした混群に出会う。すばしこく枝から枝へ飛び移る。

しんがりに現れたのはキビタキ♀でした。


DSCN9025 (640x470).jpg


DSCN9057 (2) (640x514).jpg


DSCN9075 (640x476).jpg


DSCN9094 (640x481).jpg


DSCN9100 (640x485).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーノビタキ、コガモの群れ、ヒドリガモ今季初認(NO1408) [渡ってきた夏鳥]

2017年9月26日

広がる農耕地の朝、昨夜の突然の雷雨で草むらにはまだ水滴が残る。

ぽつんと草の穂先にとまっていたのは、このフィールドでまれにその立ち寄り

が見られるノビタキでした。時々地面に降りては何かをついばんでいた。

林の中は比較的静かなまま、夏鳥たちの姿は見られなかった。

気を取り直して沼べりへ向かうと、コガモの大きな群れ約40羽ほどがアシハラ

すれすれに飛ぶ。さらにその沖合にカモの小さな群れ、カルガモに混ざり

ヒドリガモが数羽浮かぶ、マガモ、コガモ、に続いて3番目の渡来でした。

DSCN8798 (640x479).jpg


DSCN8811 (640x487).jpg


DSCN8871 (640x496).jpg


DSCN8898 (640x479).jpg


DSCN8542 (640x480).jpg


DSCN8636 (640x479).jpg


DSCN8685 (640x480).jpg
nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -