So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今朝の記録ーコチョウゲンボウその2、ミコアイサ、ルリビタキ、シロハラ(NO1449) [渡ってきた冬鳥]

2017年12月11日

コチョウゲンボウのいた農耕地に再挑戦する。耕地の枯草の中でいまいち不鮮明

だったのでダメもとで行くと、案の定2匹目のドジョウではないが、耕地際の電線に

睨みを利かすコチョウゲンボウでした。顔の色合い、腹部の三日月斑を確認する。

湖面に浮かぶミコアイサ、オス(エクリプス)の体が本来の白さを増していた。

林では、小枝の隙間にルリビタキそして落ち葉の中にシロハラでした。


DSCN4268 (640x489).jpg


DSCN4271 (640x480).jpg


DSCN4310 (640x479) (2).jpg


DSCN4157 (640x517).jpg


DSCN4113 (640x524) (2).jpg


DSCN4336 (640x521).jpg


DSCN4364 (640x512).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ールリビタキ、ミコアイサ、ハジロカイツブリ、コチョウゲンボウ(NO1448)

2017年12月10日

久しぶりに林へ向かう、木漏れ日が射しこむ林の奥にルリビタキの若が、

小枝にとまりこちらの様子をうかがっていた。

穏やかな湖面は、いつものカモの群れはなく静かな佇まいでした。

アシの葉陰にミコアイサ、ハジロカイツブリ。ミコアイサは、オス成鳥、

エクリプスらしき個体,そしてメスの3羽が並んで泳ぐ。

帰り道
 
開けた農耕地で探鳥会と思われる皆さんに出会った。全員の視線の先

にチョウゲンボウらしき鳥が採餌中、コチョウゲンボウとのことでした。

今季初の確認になりました。


DSCN3827 (640x480).jpg


DSCN3843 (640x480).jpg


DSCN3674 (640x479).jpg


DSCN3670 (640x490).jpg


DSCN3708 (640x481).jpg

帰り道コチョウゲンボウに出会いました。
DSCN3965 (2) (640x508).jpg


DSCN3979 (640x503).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ートモエガモ&ヨシガモ健在、ホオアカ、アリスイ、ミコアイサ(NO1447) [渡ってきた冬鳥]

2017年12月9日

昨日に続いて今朝も薄氷が張った沼べりです。

沖合のカモの群れはその数を減らしているものの、ヨシガモの群れ

の中にトモエガモを確認する。

アシハラにホオアカ、アリスイも元気な姿を現せてくれました。

日が昇るにつれ冷たい西風で波立ち、波に浮かぶミコアイサがまぶしい。


DSCN3420 (640x487).jpg


DSCN3376 (640x499).jpg


DSCN3248 (640x479).jpg


DSCN3262 (640x490).jpg


DSCN2906 (640x480).jpg


DSCN3504 (640x475).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ーオオハクチョウの飛び立ち、ルリビタキ、ベニマシコ♀(NO1446) [渡ってきた冬鳥]

2017年12月7日

畑地に霜が降りやや冷え込んだ沼べり。マイナス0.2度Cを記録したが風もなく

穏やかな湖面。アシの向こうに大型の鳥影。先日渡来した幼鳥1羽を含むオオ

ハクチョウの家族のようです。ひときわ大きな声、コーと叫ぶのを合図に一斉に

飛び立った。沼上空を旋回すると、朝日に映える斜面林越しに姿を消した。

沖合にはカモの群れが浮かぶ。まだトモエガモたちは健在のようです。

久しぶりに林へ向かうと、小高い丘の斜面の木立にルリビタキが、枝から枝へ

飛び移る。

帰りの遊歩道、アシハラ際の草地にベニマシコ♀の姿がありました。


DSCN2607 (640x480).jpg


DSCN2633 (640x458).jpg


DSCN2637 (640x451).jpg


DSCN2642 (640x404).jpg


DSCN2648 (640x453).jpg


DSCN2660 (640x479).jpg


DSCN2672 (640x479).jpg


DSCN2765 (1280x959) (640x480).jpg


S0246451 (3) (549x640).jpg


DSCN2835 (640x479).jpg


DSCN2844 (640x479).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ーホオアカ、カシラダカ、オオジュリン、ミコアイサ♂(NO1445) [渡ってきた冬鳥]

2017年12月5日

朝のうちは濃い霧に包まれた沼べり。8時を少し回るころ一気に青空が広がる。

やや明るくなったアシハラ、周りにはまだ霧が立ち込めている中にホオアカ、

カシラダカ、オオジュリンがアシハラの際近くまで出て採餌中。

明るくなるとすぐに奥に姿を消した。

ミコアイサが朝日を浴びてゆったりと泳ぐ。渡来して10日余りたつので、ここの

環境に慣れてきたようです


DSCN2038 (640x479).jpg


DSCN2040 (640x479).jpg


DSCN2033 (640x479).jpg


DSCN2092 (640x491).jpg


DSCN2121 (640x547).jpg


DSCN2280 (640x516).jpg


DSCN2252 (640x521).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ートモエガモ&ヨシガモ健在、ミコアイサ♀、ミヤマガラス、チュウヒ(NO1444) [渡ってきた冬鳥]

2017年12月4日

先日渡来を確認したトモエガモ、ヨシガモがいずれも健在です。トモエガモ♂

5羽の小さな群れがオナガガモなどの群れに混ざっている。漁船のモータ音

にも臆せず波間に浮かぶ。しばらく滞在してくれるでしょう。

ミコアイサ♀、先日のオスに続いて確認する。

農耕地の電線にカラスの群れ、毎年渡来するミヤマガラスでした。

残念ながら、コクマルガラスの姿は見れなかった。

帰り道、アシハラにチュウヒの飛翔を見る。


DSCN1914 (640x485).jpg


DSCN1918 (640x453).jpg


DSCN1982 (2) (607x456).jpg


DSCN1202 (640x476).jpg


DSCN1569 (640x458).jpg


DSCN1641 (640x468).jpg


DSCN1612 (640x475).jpg


DSCN1816 (640x494).jpg
nice!(3)  コメント(0) 

今朝の記録ートモエガモ渡来、ヨシガモ、ハジロカイツブリ(NO1443) [渡ってきた冬鳥]

2017年12月2日

今朝も沖合にカモの群れが浮かぶ沼べり、昨日の曇天とは打って変わり

青空が広がる。緑色のナポレオン帽を探しに向かう。やや沖合に浮かぶ

ヨシガモの群れを確認。そこに予想外にトモエガモの姿が画面に入って来た。

今季初認です。

帰り道、このところ警戒心が薄くなり、岸辺近くで採餌するようになった

ハジロカイツブリです。

トモエガモ♂
DSCN0743 (2) (640x476).jpg

近くにいたヨシガモ♀
DSCN0759 (640x502).jpg


DSCN0604 (640x479).jpg


DSCN0632 (640x476).jpg


DSCN0878 (640x479).jpg


DSCN0894 (640x480).jpg
nice!(3)  コメント(1) 

今朝の記録ーヨシガモ、チュウヒ飛翔(NO1442) [渡ってきた冬鳥]

2017年12月1日

今季沖合に浮かぶカモ類の影が多く感じられます。漁をする小舟の動力音に

静けさを破られ飛び立つ光景が見られるが、再び離れた湖面に舞い降ります。

オナガガモの大きな群れの中にヨシガモ2羽を確認する。

曇天の下、頭部の本来の緑色があいにくくすんだ色になりました。

手前のアシハラ上空をチュウヒが、ゆったりとした飛翔を見せていた。


DSCN0270 (640x460).jpg


DSCN0291 (640x479).jpg


DSCN0187 (640x480).jpg


DSCN0163 (640x482).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーアリスイ、ホオアカ、カシラダカ(NO1441) [渡ってきた冬鳥]

2017年11月29日

アシハラの住人達、まずはアリスイ、そしてホオアカ、カシラダカです。

これにオオジュリンが本来加わるのですが、今季その数が少なくアシの

奥に入ったままです。ベニマシコの声がするもすぐ遠のいてしまう。

小春日和の沼べり、のどかな湖面には多くのカモが浮かんでいます。

林の中では、今のところ冬鳥たちの姿が少なく、今後の渡来に期待

します。


DSCN9831 (640x479).jpg


DSCN9844 (640x505).jpg


DSCN0029 (640x507).jpg


DSCN0066 (640x505).jpg


DSCN9944 (640x511).jpg


DSCN9987 (640x498).jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今朝の記録ーコハクチョウ飛来、ミコアイサ第2陣、ホオアカ(NO1440) [渡ってきた冬鳥]

2017年11月28日

鉛色の雲に覆われた沼べり、上空に2羽のコハクチョウの飛翔を確認する。

沖合にカモの群れが着水する。手前の岸辺に近い水面で、姿を現してすぐに

潜る3羽の鳥影。ミコアイサ♂(エクリプス)のようです。茶色の冠羽が見えます。

渡来済の1羽を加えて都合4羽を確認する。

帰り道の遊歩道、草むらから飛び出てきたのわ2羽のホオアカでした。


DSCN9684 (640x451).jpg


DSCN9399 (640x492) (2).jpg


DSCN9377 (640x479) (2).jpg


DSCN9393 (640x499) (2).jpg

渡来済のミコアイサ♂
DSCN9669 (640x497) (2).jpg


DSCN9713 (640x507) (2).jpg
nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -